「4/14(フォー・フォーティーン)の窓運動」とは?


IMG_7102.JPG


金曜から土曜にかけて1泊2日で「4/14北陸ファミリー・スノーキャンプ」に参加してきました。


「4/14(フォー・フォーティーン)の窓運動」とは?

「4/14」とは、4歳から14歳までの子供たちを意味し、キリスト教会で信仰を持つために最も重要なカギを握る世代として認識し、世界的に広まっている運動のことです。

4/14の窓運動ホームページはこちら


「4/14の窓運動」の理念に賛同している教会や個人が北陸でもミーティングを重ね、2016年から活動を開始しています。

「ファミリースノーキャンプ」は、その最初の活動として行われました。

普段、教会に集う子供たちが、北陸にいながらスキーやそり遊びなどのウインタースポーツをする機会が少ないのではないかとの意見があり、企画されました。

今回のファミリーキャンプでは、クリスチャンホームではない子供たちも参加し、30名を超える参加者がありました。

教会関係で一泊するのはすごく久しぶりで、とても楽しかったです。

初日の集会の中で、金沢市内の牧師先生より聖書のお話を聞きました。

「学校では、この世界のものは偶然が重なってできたと教えているけど、どんなものでも「作った人」がいて、目的を持って作られている。
私たち人間の体も、とても複雑な仕組みを持っている。
私たちは、偶然の産物としてできた存在なのでしょうか?」という問いかけがあり、創世記の「初めに、神が、天と地を創造した。」というところから教えられました。

また、家族デボーション(家庭礼拝)の勧めや、その時間の持ち方、子供用聖書の紹介などもありました。

今後も子供賛美集会や、各教会の子供伝道を励ます取り組みを予定しています。



1日1クリックの応援感謝します!



にほんブログ村

 







スポンサーリンク


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック