日野原重明先生死去 年齢105歳、18日午前6時33分死因は呼吸不全 朝日新聞報じる 「生き方上手」などの本や講演会などの活動続けた生涯現役医師

100歳を過ぎても医師を続け、「生きかた上手」などの著作や講演で広く知られた聖路加国際病院名誉院長(聖公会系)の日野原重明(ひのはら・しげあき)さんが、18日午前6時33分、呼吸不全で死去したというニュースが入りました。105歳でした。

キャプチャ.JPG

画像出典;yahooニュース朝日新聞デジタル

戦後いち早く、患者と対等に接する医療に着目。看護教育の充実などに取り組んだほか、柔らかい表現で命を語る姿勢が幅広い世代に親しまれた。

【写真】「いのちの授業」で子どもたちと触れあう日野原重明さん=2013年6月、福島県川俣町

 1911年山口県生まれ。京都帝大医学部卒。41年から内科医として聖路加国際病院に勤めた。同病院内科医長、聖路加看護大学長、同病院長などを歴任。02年度朝日社会福祉賞。05年に文化勲章を受章した。

 専門は内科学。54年、勤務していた聖路加国際病院で、国内の民間医療機関で初めて人間ドックを導入した。成人病と呼ばれていた脳卒中、心臓病などを「習慣病」と呼んで病気の予防につなげようと70年代から提唱してきた。旧厚生省は96年になって成人病を生活習慣病と改称し、今では広く受け入れられている。

 医師が患者を大切にして、対等に接する米国医療の側面に戦後早くから注目し、看護師の仕事も重視した。51年の米留学後、医師の卒後臨床研修の改革や、看護教育の充実、看護師業務の拡充などを求めてきた。聖路加看護大学長を務め、88年には看護学として日本初の大学院博士課程を開設した。

 自立し社会に貢献する新しい老人像を求める「新老人の会」会長として全国で講演。著書は200冊を超える。90歳で「いまだに現役で、想像力も行動力も若い人には負けない」と記した「生きかた上手」がベストセラーになるなど、命を語る著作が広く親しまれている。

yahooニュース、朝日新聞ほか


日野原重明先生 葬儀の日程

通夜・お別れの会は関係者で行うそうです。
葬儀日時:7月29日(土)午後1時から
葬儀場所:東京都港区南青山2の33の20の東京都青山葬儀所


1970年 よど号ハイジャック事件で人質に

4日間、人質として拘束されます。韓国の金浦国際空港で解放されましたが、犯行グループが「この飛行機は我々がハイジャックした」という犯行声明に対し、「ハイジャック」の意味を知らなかった日本人乗客の為に日野原重明氏は自ら手を挙げ、「ハイジャックとは飛行機を乗っ取って乗客を人質にすることです」と機内で説明するほど落ち着いた対応を見せていたそうです。

1995年3月20日、地下鉄サリン事件では、被害者の受け入れをする

日野原重明(聖路加国際病院) は、事件後直ちに当日の全ての外来受診を休診にして被害者の受け入れを無制限に実施したことでも有名。同病院は被害者治療の拠点となり、朝のラッシュ時に起きたテロ事件でありながら、犠牲者を最少限に抑えることに繋がったと評価されています。


著書の『生きかた上手』は120万部を売り上げるベストセラーとなり、多数の著書を出版しました。




日野原重明先生は、は100歳を超えてなおスケジュールは2、3年先まで一杯で人気講師としての顔もお持ちでした。乗り物でのわずかな移動時間も原稿執筆に使い、 日々の睡眠時間は4時間半、週に1度は徹夜をするという生活だったそうです。

96歳にして徹夜をやめ、睡眠を5時間に増やし、少なくとも110歳まで現役を続けることを目標にしていたと言います。

小学生に向けての「いのちの授業」、「生きてるだけで100点満点」などのメッセージは、社会へ届く言葉で、日野原先生にしかできないお働きが多数あったように思います。


ブログランキングに参加しています。よろしければ1日1クリックの応援をよろしくお願いいたします。


キリスト教ランキング








スポンサーリンク







この記事へのコメント

この記事へのトラックバック