放蕩息子のたとえ あらすじ

今日の子供会では「ホットケーキパーティー」でした。


S__17121287.jpg


放蕩息子のたとえ

今日の礼拝説教では、ルカの福音書15章11節からの有名な箇所「放蕩息子のたとえ」からメッセージが語られました。

クリスチャンではないビジネスマンが「ビジネス書」として聖書を読んでいる場合、「この箇所が印象的」と答える人もいらっしゃるようです。

この箇所は「放蕩息子(弟)」が主人公のように思ってしまいやすいですが、焦点は本当はその「お父さん」であることを覚えなければなりません。


「放蕩息子」のたとえ話が語られた背景

イエス様が語られたこの「たとえ話」の背景、事の発端は、イエスが取税人や罪深いとされた人たちを受け入れ、一緒に食事をしたことでした。

そのことについて、「律法を正しくまじめに守っている」と自負する「パリサイ人」や「律法学者(当時の聖書の専門家)」たちがイエスを非難したことがこのたとえ話の発端になっています。

テーマは「神の国とは、このようなものだ。」という話であり、「神は私たちを愛して下さる」というメッセージが子どもにもわかりやすく語られている個所です。

この箇所は「放蕩息子のたとえ」と言われることが多いですが、正しく言えば「放蕩息子とその兄を愛する父のたとえ」となります。


「放蕩息子とその兄を愛する父のたとえ」のあらすじ

・お父さんが生きている間に財産の分け前を求めた弟。・・・「財産」とは、通常はお父さんが亡くなった時に受け取るもので、生前に催促するということは、言うまでもなくとても失礼なことです。弟は、とっても「親不孝」で失礼で自分勝手な印象があるキャラクターとして
描かれています。

・お父さんは、弟にも兄にも財産の分け前を与える。・・・そんな失礼な催促にもかかわらず、お父さんは弟にも、そして催促しなかった兄にも財産を分け与えます。

・弟は遠い国へ旅立ち、そこで放蕩し、財産を使い果たして落ちぶれる。・・・弟は「湯水のように」財産を使い果たしてしまい、豚の世話をするようになり、その豚のえさでさえ「食べたい。」と思うようになります。
当時、「豚」は「不浄な動物」とみなされ、「豚の世話をする」ことは、かなり落ちぶれてしまったことを意味します。

・我に返った弟は、雇人でもいいからお父さんのもとへ帰る決心をする。

・家からはまだ遠かったにもかかわらず、お父さんは弟息子を発見、駆け寄って迎える。・・・遠くにいた弟息子を見つけたお父さんは、毎日、帰りを待っていたのかもしれません。当時、ある程度の年齢を迎えていた男性が「走る」ということはしませんでした。
ある程度、年齢を迎えていた男性が「走る」ことは「恥ずべきこと」とされており、一昔前の日本の「亭主関白」で「一家の大黒柱」のお父さんがあまり動かなかったイメージを想像すると、ちょっとわかるような気もします。

・弟はリハーサルしていたセリフを伝えるが、お父さんは「雇人」ではなく「息子」として受け入れる。

・祝宴が始まるが、兄がそのことを不満に思い、家に入ろうとしない。

・兄をなだめるお父さん。お父さんのそばにいながら、お父さんの心からは離れている兄。


礼拝後、教会員との話の中で、「自分は弟派。」「私は兄タイプ!」などと話し合いました。

みなさんはどちらでしょうか?



1日1クリックの応援感謝します!



にほんブログ村

 







スポンサーリンク


この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448417008

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック