三浦綾子原作・映画「母」あらすじ~小林多喜二の母の物語~

子どもの春休みに入り、「どっか連れってって!」と言われたり、ちょこちょこ連れ出したりして過ごしています。

三浦綾子さん原作の映画「母」について、話題になっているのを目にしたこともありましたが、「どんなストーリーなのかな?」と思ってみてみました。

ちょうど今年の「信教の自由を守る日」でもお話を聞いたのですが、日本の戦時中前後に「冬の時代」と呼ばれる時代があって、小説家などが「危険思想」とみなされて逮捕、拷問などにあっていました。

「小林多喜二」もその一人だったようです。

「蟹工船」って、学校で習ったような気はしますが、小林多喜二の作品です。

映画「母」のあらすじを読むと、三浦綾子さんが小説の題材として取り上げた意図が伝わってくるように思いました。

キャプチャ.JPG


映画「母」小林多喜二の母の物語あらすじ

映画「母」公式ホームページより

秋田県釈迦内村、小作農と小さなそば屋で生計を立てる貧しい家の娘にセキは生まれた。
 当時の小作人は、地主に50%もの地代を払わねばならなかった。貧しい農家の娘たちは身売りするより仕方がない。セキの幼なじみの少女も売られていった。
 学校へ行きたくても、学校は男の行くところだと親からは相手にされない。
 15歳で小林の家に嫁いだセキは三男三女を生み育てたが、長男は病死。次男が多喜二である。セキは優しい母親であった。
自分は字も書けなかったが、多喜二は叔父の世話で小樽高商(現小樽商科大学)まで卒業させてもらい、銀行に勤める。
 当時の銀行は大変な高給で、一生涯楽に暮らせる程であった。しかし多喜二は貧しい人の味方となって小説を書き、武器を作るお金で皆に白い米のご飯を!と反戦を訴え続けた。
そんな彼の小説は危険思想とみなされ、遂に多喜二は国家権力によって殺されてしまう。
セキは自分の息子が悪い事なぞするわけがないと多喜二を信じ続けていた。
そんな折、娘のチマに教会へと誘われる。そこでイエスの死について話を聞かされたセキは、何も悪い事をしていないのに殺されたイエスと多喜二の姿を重ね合わせ、 思いを巡らす・・・。





1日1クリックの応援感謝します!



にほんブログ村

 







スポンサーリンク


この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448285957

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック