3分でわかる聖書「なぜ日本ではキリスト教が広まらないのか」動画で解説

ほしキャプチャ.PNG

「なぜ日本ではキリスト教が広まらないのか?」という疑問に関する動画を見つけました。

語る先生によって、少しずつ違うところがあり、新たな発見もあります。

新年聖会の中村敏先生の解説と重なる部分はありますが、3分で見れる動画なので、ぜひご覧ください。






「確かに、日本のクリスチャン人口はカトリックもプロテスタントも含めて、1%以下だと言われています。
この動画で解説をしている中川健一牧師は、足掛け3年に渡り「日本人の精神構造を探る」というセミナーを行っていて、日本の歴史とキリスト教の関係性について詳しく研究・考察をされています。」

1・日本人には「唯一の神」という概念がない
日本人は「汎神論的世界観」…自然のあらゆるところに神を見る、多神教である。
「混合宗教的」である。良いところを集めて自分なりに加工して受け入れるという姿勢がある。
対して、キリスト教は唯一の神を教えます。
「神」という場合、日本人はキリスト教で教える唯一の「創造主」をイメージすることが難しく、他の神をそれぞれにイメージします。
韓国では「神」という場合、聖書が示す「創造主」のことを「ハナニム」と呼び、他の「神」とは区別しています。
日本には、創造主を指す「神」という言葉がなく、「八百万(やおよろず)の神」にとって代わってしまうのです。
従って、「神について話したり、伝えようとしてもなかなか伝わりにくいという背景があります。

2・日本人は共同体の中で孤立することを恐れています。
五人組制度などのキリシタン禁教時代の歴史については、「なぜ日本にキリスト教が広まらないのか?」という記事のシリーズで学びました。
日本人は共同体の中で調和することを重んじているので、他の人と違った行動をとることを恐れたり、嫌がったりする傾向があります。
3・この世の神が日本人の目に覆いをかけている
「その場合、この世の神が不信者の思いをくらませて、
神のかたちであるキリストの栄光にかかわる福音の光を輝かせないようにしているのです。」
(第2コリント 4:4)

先日、メッセージやコメントで「神さまを感じられる人と、感じられない人の違いが何処にあるのか?」という質問をいただいたのですが、
「不信者」だけでなく、信じている人やクリスチャンの思いもくらませられ、「神がわからない」ということはあり得ます。
「神がおられる」ということだけであれば、「悪霊どもも信じている」とあります。
ヤコブ2:19 「あなたは、神はおひとりだと信じています。りっぱなことです。ですが、悪霊どももそう信じて、身震いしています。」

「神を知っている「神を信じている」という場合、
1・「どの神を指しているか?」
2・「神について、何を知っているのか?」
3・「神について、何を信じているか?」
この3つが、より重要なポイントとなります。



1日1クリックの応援をよろしくお願いします。


人気ブログランキングへ







スポンサーリンク









この記事へのコメント

この記事へのトラックバック